貴婦人会片瀬支部
by fusprout
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
Beach life
Gri-Gri
Day by day
Work
Talk
Gourmet
Night life
Mono
Travel
未分類
外部リンク
以前の記事
2015年 08月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル


<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
竜宮城生活10年
c0145717_10381758.jpg

  江ノ島生活10周年。あっという間にそんなに経ってしまった。

  海がすぐ目の前の生活が、潮風が、サンセットを毎日見られることが
  いつの間にか当たり前になり、お江戸から戻ると「帰ってきた」とほっとする。

  相変わらず不便だと思う事は多々あるけれど、それが江ノ島だからと
  余り気にすることもなくなり、日々変化する海の色を見られることが
  その時々の自分を落ち着かせ、神経質も少しは丸くなった。と思う。
  何より、体が強くなり心身ともに健康的になった。
  お江戸の頃はお休み直前になると決まって寝込んでいたのに。

c0145717_10495134.jpg

  母が突然倒れ、両親を続けて亡くし、しんどい日々であったけれど、
  江ノ島へ戻ると冷静になれ、それでも自分は沢山恵まれていると思えた。
  過剰に前向きなわけでもなく、素直にただぼんやりとそう感じた。
  もしこれが、東京で暮らしていたらどうだっただろうか。
  もちろん、東京は自分が生まれ育ち、家族や子供の頃からの友人達が居て
  ベースを作った大切な場所なのだけれど。何だか想像がつかない。

c0145717_1050854.jpg

  しかし江ノ島で暮らすようになるとは。
  今でも毎日のように思うけれど、11年前までは考えもしなかった。
  血の繋がらない家族との10年(うちお試し期間2年)、
  モジャモジャの元捨て犬も加わっての7年弱は、私にとっては毎日が常に
  実験的で、諸々ひっくるめて、意外と飽きもせず楽しい。
[PR]
by gri-and-sprout | 2013-05-29 10:59 | Beach life
My Boyfriend
c0145717_9524882.jpg

  幼稚園児の甥っ子とのお出掛け。
  デパート屋上の乗り物広場で機関車トーマスからアンパンマン、ドラえもんまで
  容赦無く乗り散らかし、叔母を何度も両替機送りにしたり、幼い子供らしい
  ところは沢山あるのだけれど、基本的に何処へ連れて行っても安心な5歳児。
 
  地下鉄では満員車内でも座りたがらず、目の前に座るOL達のおしゃべりを
  静かに立って不思議そうに聞き、たまたまジュエリーのウィンドー前を通ると
  「○○さん(私の呼び名)が好きそうなのがいっぱいあるね」と叔母の好みを
  いつの間にかしっかりと把握。
  革製品ブランドのブティックでは、静かな店内の巨大広告写真をじっと見て
  「これは古い汽車の中だね!みんなバッグ持ってるね!」とビジュアル解説を
  してくれる。

  叔母の現実逃避願望で子供向きではないちょっとおすましなお店へランチに行くと
  ショーケースを見て「ぼくフォカッチャにオリーブオイルつけたいんだけど...」
  と、すましたお客様達が注目する冷静さで、お店の人からちゃっかりジュースを
  サービスしてもらっている。
  
  公園で遊び疲れたら「ビール飲んでもいいと思うよ!」と励ましてくれる。
  私にとって、とても理解のある最高のボーイフレンドだ。
  
c0145717_7455254.jpg

  そんな彼の作品。
  泥棒対策に実家リビングの真正面に貼り、懐中電灯で照らすと、なかなかの迫力。

  
  
[PR]
by gri-and-sprout | 2013-05-17 10:21 | Day by day
男性的嗜好
c0145717_16381860.jpg

c0145717_16383996.jpg

c0145717_16385675.jpg

c0145717_16391515.jpg

c0145717_16405158.jpg

c0145717_16411017.jpg

  自分が男性だったらナンパしたい女性のタイプ。
  ビーサンでもサンダルでもヒールでも、靴のセンスが素敵だったらヤバい。

c0145717_16562255.jpg

  と、箱に入ったままの靴達を取り出し、自宅で自分撮りなどしてみたら
  私が出掛けるのかと思ったのか、鏡の向こうでカウチにふて寝するお犬様。
[PR]
by gri-and-sprout | 2013-05-08 16:42 | Talk
使用前⇒使用後
c0145717_167369.jpg


  今年も愛犬グリグリのサマーカットの季節が。
  モサモサモフモフ秋冬ver.(使用前)

c0145717_1672976.jpg

  すっきり春夏ver.(使用後)
  こちらの伝達ミスで耳の毛長めで、いつものスポーツ刈りと微妙に
  違うけれど、見慣れたら良い感じに。

  相変わらずグリグリは元気。医者要らずで安上がりな男です。
[PR]
by gri-and-sprout | 2013-05-08 16:12 | Gri-Gri