貴婦人会片瀬支部
by fusprout
カテゴリ
全体
Beach life
Gri-Gri
Day by day
Work
Talk
Gourmet
Night life
Mono
Travel
未分類
外部リンク
以前の記事
2015年 08月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル


<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
救済Yoga
c0145717_22174773.jpg

 久しぶりのヨガ教室。
 今回は、貴婦人会メンバーとそのベベも一緒に、我が家で。
 ダメな酔いどれの救済のため、葉山から健康美の先生が
 元気良くバイクを飛ばして出動してくださった。

  先生:「眠れないことはありませんか?」
 sprout:「今はぐっすりだけれど、昔は時々眠れませんでした」
  先生:「昔は時々"寝なかった"、でしょ」
 sprout:「あ...はい、時々寝ないで遊んでおりました...」

 運動の後は、皆で楽しくランチ。
 先生のご実家の山口から今朝届いたばかりの、無農薬のお野菜達を
 持ってきてくださり、早速いただくことに。
c0145717_22285279.jpg
 包丁を入れた途端に、ぷーんとにんじんの甘くしっかりした香りが。
 ジューシーなエキストラバージンオリーブオイルとパルミジャーノをつけて。
 味が濃く美味しくて、パクパク止まらない。
c0145717_22265245.jpg
 鮮やかなブロッコリーは、ちょうど冷蔵庫にあったタコと一緒にペペロンチーノ。
 ご両親が心を込めて作られたお野菜達は、元気が良く新鮮で最高です。

 デザートは、デコポンの山口&熊本産地食べ比べ。
 先生のご実家に自然に生っている天然モノと、デコポン生産者で
 いらっしゃる、貴婦人会メンバーの叔父様のデコポン。
 とても贅沢なランチタイム。

 先生ありがとう。
 久しぶりに元気そうなお顔を見られて、嬉しかったです。
 暖かくなったら、またビーチヨガもお願いいたします。
 いつも、「私も夜遊びに連れて行ってください!」なんて嬉しいことを
 言って下さいますが、不純物ゼロな先生を「眠いからお先に帰る!」と
 真夜中のお江戸に置き去りになんて、責任重大で出来ません...

 しっかり、筋肉痛の予感がいたします。 
 翌日ではなく、ちゃんと当日に。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-26 22:53 | Day by day
戦利品
c0145717_232160.jpg

 鎌倉での戦利品。
 お散歩中にお肉屋さんの入り口で見つけた、焼豚の切り落とし。
 お肉もお魚も、こういう"はしっこ類"に目がありません。

 小さなビニール袋が視界に入り、ん?と手に取り、ムムム?とニヤつくと
 それまで誰も立ち止まらなかった切り落としコーナーに、あっという間に
 人が集まり、気付いた時には売り切れ、「もうないの?」なんて声が。
 ぐいぐいと会計を済ませる皆さまの勢いで、いつの間にか私達は後回しに。
 恐るべし、熟女パワー。 

 実は皆さまは、この小さなビニール袋を遠くからこっそり見ていたのでしょうか。


c0145717_2362237.jpg

 このお方は、キャベツやにんじん
 お豆腐のはしっこ類が大好き
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-23 23:12 | Gourmet
週2

 江ノ電ぶらり途中下車の旅、最後はまたまた 腰越loasi

c0145717_1234121.jpg
 
 ロアジファンのお友達の皆様、ごめんなさい。
 前回の忘れ物を取りに行くという口実で、母子揃って調子に乗り
 週に2度も行ってしまいました。

 うるさい親子が来るまでは、お客様は素敵な美女お二人で静かな夜だったのに
 「今日はささっと失礼しましょう」なんて言っていたくせに、しっかりデザートまで
 お腹いっぱいいただき、結局またまたゆっくりしちゃいました。

c0145717_1311323.jpg

 フォカッチャを包んでもらい、翌朝温めて紅茶と一緒に美味しくいただきました。
 
 ロアジは、女同士で行きたいお店なのです。
 何と言うか、ここ竜宮城では、何処へ行っても"2人称"なことが多く
 そうではない場所も欲しくなったりするのであります。
 
 とは言え、それぞれを知っているご近所くんに、「夫婦だったんですか!?」と
 驚かれた時は、さすがにこちらの方が驚きましたが...


 
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-22 13:23 | Gourmet
江ノ電散歩
 海風が静かな晴れた午後。
 いつもは私達の留守中のドッグシッター要員ばかりの母上と
 たまにはゆっくり、江ノ電で「ぶらり途中下車の旅」ごっこ。

c0145717_10274812.jpg
c0145717_1030853.jpg
c0145717_9461154.jpg
 我が家から徒歩圏内の無人駅より、1日乗車券「のりおりくん」を手に
 江ノ電に乗り、由比ガ浜のお蕎麦屋さん 松原庵 からスタート。
c0145717_9503636.jpg
 お日様が気持ち良く、テラスでいただくことに。
 ブランケットとストーブ、そしてコレがあれば、お外でも大丈夫!
 熱燗と、馬の鞍のようなお豆、「くらかけ豆」のおひたし。
c0145717_9535639.jpg
 鴨わさ。お日様ポカポカ、辛口のお酒でにんまり。
c0145717_1241366.jpg
 天ぷらとせいろをいただき、満腹大満足。
c0145717_10413020.jpg
 食後は夕暮れの鎌倉までお散歩。
 恥ずかしながらまだ初詣をしていなかったワタクシ、梅が咲き始めた鶴岡八幡宮へ。
c0145717_10403931.jpg
c0145717_1043132.jpg
 「おみくじ下さい!」と張り切ったところ...
c0145717_10443279.jpg
 だ、大凶!?って本当にあるのですか!?
 「しっかり読んでお持ち帰りください。」と巫女さんは静かに仰いました。
c0145717_11364388.jpg
 大凶に笑い疲れ、帰りは七里ガ浜で途中下車し、パンケーキが人気の
 bills でひと休み。
c0145717_10491937.jpg
 今頃ですが破魔矢もいただき、江ノ電でも「大凶って...」と笑いは止まらず。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-22 10:52 | Day by day
Loasi

竜宮城に母上が上陸中のため、久しぶりにワインを飲みながら
美味しいイタリアンをゆっくりいただこうと、腰越 loasi へ。
ハワイのお方 、またまた抜け駆けごめんなさい。もちろん報告聞きますよ。)

c0145717_21305112.jpg

週明けの平日夜、なのにお店はすでに満席で大忙し。
いつものお席へ通してもらい、初めての母上にまずはおまかせで前菜の盛合わせを。
二人分でこのボリューム。「頑張ります!」と言いながら、空腹だったのかあっさり完食。

c0145717_21425968.jpg

この日おすすめのお魚、どんこ初体験。東北地方で獲れるのだそう。
見せていただいたその姿は少々イケていないのだけれど、プリプリのゼラチン質で
とても美味しい白身魚。ホワイトアスパラガスがあると聞き、一緒にお願いする。
どんこさんとおしゃべりと美味しいワインに夢中で、ブレブレ写真連発。

c0145717_21522431.jpg

この日注目のワインは、「助けて!」というお名前だそう。
そんなこと言われたら、助けさせていただかずにはいられません。
この他、梅酒のようなまったりとした赤もいただく。

c0145717_21551554.jpg

食後酒を勧められ、遠慮なくいただく&エラそうに飲み比べ。
香り良く、嬉しいおまけに2人で大喜び。

お隣りのお席のカップルと、お江戸の実家つながりで出会いがあり
スタッフの方の素敵な思い出の時間も共有させていただき、またまた
遅くまで長居してしまい、最後は忘れ物までしっかり残し、大騒ぎで撤収。

まろやかだの、香りがどうの、ひとクセあるだの、エラそうに分かったようなことを
言ってはみたけれど、”ぬか床のような..." は、さっぱり分かりません。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-18 22:14 | Gourmet
Shopping
c0145717_8352040.jpg

 この冬お気に入りのお買い物、イタリア 「emilio cavallini」 の柄タイツ。
 モノトーンが多い冬のワードローブのアクセントに、"白髪になるまでミニスカ!"
 主義者は、こういうアイテムに目がありません。

 このタイツで足を出し、竜宮城からお江戸への上陸は、車でないとさすがに寒く
 根性無しは買ったきりだったけれど、そんなことを言っているうちに季節が
 変わってしまうので、せっかくなので再会の機会に着用することに。

 でもやっぱり、これは夜のアイテム。
 同席者の一人は、春を予感させるブーツでとてもさわやかでしたが
 サンデーブランチに赤×黒の脚では、キテレツ過ぎました。
 毛糸のパンツをはき忘れ、やっぱり寒くて帰りはブルブルでした。
 春一番も吹いたし、次の冬の夜遊びアイテムにいたします。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-18 08:44 | Mono
029・315!
c0145717_16221849.jpg

お肉・サイコー!の夜。
久しぶりの 韓館 へ連れて行っていただき、まずはレバ刺一人一皿。
ユッケも一人一皿。ハチの巣(トリッパ)はピリ辛酢味噌で。
シメの冷麺までしっかりといただき、にんにく臭プンプンで撤収。
お肉類のハーフサイズのお皿が増え、色々な種類を楽しめるので
今度は女の子同士で訪れても良さそう!

高校生の頃持っていた、黒く分厚いオヤジ臭いポケベル。
今は懐かしい、東京テレメッセージ。
その後すぐに薄いタイプが出たけれど、そのゴツさが何気にお気に入りだった。

084 084      オハヨオハヨ
4949 106 90  至急至急telくれ
428 2 104   渋谷 に いるよ
8585 51    ハチ公ハチ公 来い
510 510    ファイトファイト

公衆電話でせっせと打ち込む女子高生。
あの頃はまだ文字が入らない機種で、しまいにはこんな技を駆使し
「11-あ 12-い 13-う 14-え 15-お」
と、文章を解読する技術も習得していた。
電話のプッシュボタンを押す速さも、日々高速化。

お友達の家の電話番号やポケベル番号を、全部記憶しているのが当たり前だった。
携帯電話一人一台が当たり前な現在に比べ、まだ頭を使っていた方かも?
今では、自宅と実家、自分ともう1名の携帯電話の番号程度しか覚えていない。
自分の携帯番号ですら、以前の番号や郵便番号とごちゃ混ぜになる時も。
脳内年齢が恐ろしい。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-16 16:34 | Gourmet
2.14
 そして、バレンタインデーには...

c0145717_21165047.jpg

 ザ・キング・オブ・ラーメン、「らう」 っておきました!
 ポカポカの本日は、つけ麺で!ほうれん草はさらに追加!
 冬バージョンの温かい麺もあるそうです。
 Hulk殿 、先日はジャスト閉店でありつけなかったそうですね。


 義理チョコではなく、サンキューチョコ。
 お義理だなんて、お相手に失礼ですわ。
 「これからもよろしくお願いします」の気持ち。
 だって、もう大人ですもの。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-14 21:35 | Day by day
St Valentine's Day
c0145717_13355084.jpg

 すでにご存知の友人も多いが、2月14日に縁がない。

 子供の頃、近所のちびっこ達が集まる会のお兄さんに、幼なじみとチョコを
 あげる約束をしたのに、当日、お兄さんはそれを本気にせず現れなかった。

 高校生の時、お別れの予感のバレンタインデー直前デートは、手作りする
 気になれず、お小遣いで買ったゴディバはやっぱり受取ってもらえず
 そのチョコは兄上に「必要なくなったから」と処理していただいた。
 翌日、張り裂けそうに泣きたい気持ちを我慢して学校へ行くと、腐れ縁の
 仲良し達は、案の定、最近いい感じの男の子達とのデート計画で皆浮かれ
 バレンタイン一色。あの時、女は薄情だと思った。
 
 周りを見習い頑張って初めて手作りしたトリュフは、当時お付き合いしていた
 ボーイフレンドに「甘い」と文句を言われ 、相手に対しどうも盛り上がらなかった
 気持ちが一気に冷め、どうでも良くなった。
 甘いからチョコなのだろうが。
 チョコもプレゼントも、余計な期待と思いがたっぷり入った手作りには
 魅力を感じない自分は正しいと勝手に再認識し、その後しばらくすると
 「好きな子が出来た」と言われ、こちらも大学受験でそれどころでは  
 なくなるので、さっさとお別れした。

 お相手が学生でないと、デートの予定も分からない。
 大学生になり「もしも会えたら」と気持ち新たに、入院中の母上に
 道具の在り処を聞き初めて作ったクッキーは、思いのほか良い出来だった
 けれど、肝心のお相手が当日体調不良で忙しい中、無理をしてくれ
 余計に甘い1日にはなれず、やっぱりこんなものかと思った。

 もうそれから、手作りしていない。
 そして、気付いた時には、女の子にプレゼントするべきなどと
 厚かましいことを思うようになってしまった。

 お江戸時代、ボスが「もちろんウマいチョコをくれるだろうな」などと
 会社の若者達に平然と言うのを見て、社長のくせに若い子を相手に
 何て小さな男なのだろうと頭にきてしまった。
 (可愛げの無い私は、社長なのだから部下達に「いつもありがとう」の
 チョコぐらい演出してもいいじゃないか!と、ひとり沸騰寸前。)
 経費で上等なチョコを買うから用意する必要無しと指示し、私がその頃
 一番食べてみたかったお店のを女の子にごっそり買って来てもらい
 皆で美味しくいただくことにした。
 そして、思った通り、ホワイトデーには奴(社長)からは何のお返しも無く
 素敵なケーキをまた買って来てもらい、皆で美味しくいただいた。


 あれから数年。
 今年はひねくれ者の冷え性も少しは大人になり、美味しい義理チョコを
 お渡ししようかしら、と思うようになった。大人ですもの。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-12 13:40 | Talk
Denim
c0145717_0563258.jpg

 デニムに着替えると、グリグリが「!?」と反応する。
 お出掛け用の綺麗めなデニムではなく、穴が沢山開いている
 クラッシュデニムでもなく、まるで私が所有するデニムの種類を
 認識しているかのように、普段ご近所やビーチへ行く時にはく物の時だけ。
 ご近所用も種類はいくつかあり、「コレの時は」というわけでもないのに
 ちゃんとそれぞれに反応し、小さな丸いしっぽをブンブン振って
 こちらの様子をじっと観察する。
 そしてサングラス&鍵を手にすると、お散歩と確信し、飛びつく。

c0145717_1221618.jpg
 私がお化粧を始めたり、着替えながら
 鏡の前に立つと、"お出掛け"だと認識し
 カウチでひとりふて腐れる。
 そしてバッグを持つと、こちらが言わなく
 ても自らハウスに入る。
 お出掛け前に外でトイレを済ませ
 足をふきながら、「ではグリさん今日は
 お出掛けするからね。」というと、ひとりで
 さっさと階段を上がり、自分のハウスへ直行。



 グリがいつも反応するデニムのひとつ、お気に入りの EARL JEAN の
 ゆるデニムのお尻に、穴があいた。
 後ろポケットにお財布などを入れているわけでもなく、私のお尻が入る
 だけなのに、まるで赤ちゃんのお尻の蒙古判のような位置。
 コーデュロイのパンツ類もこの位置が擦りむけやすい。
 お尻の骨が飛び出ているのだろうか。

 昔ならば、キワどい位置の穴も気にせずはいたけれど
 その下に身に着けるモノの面積を小さくしたけれど
 さすがに今、これをはき続けたら、迷惑か。
[PR]
by gri-and-sprout | 2009-02-11 01:05 | Day by day