貴婦人会片瀬支部
by fusprout
カテゴリ
全体
Beach life
Gri-Gri
Day by day
Work
Talk
Gourmet
Night life
Mono
Travel
未分類
外部リンク
以前の記事
2015年 08月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル


<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Otoshi-mono
c0145717_1484265.jpg

グリグリとお散歩中に見つけた、落し物。2歳or3歳程度の子のブーツ。
女の子?眠ってダッコされていて、落としちゃったのかな?可愛そうに。

c0145717_1523432.jpg
靴でも、シープスキンブーツ(風)だなんて、何だか海が近いこの辺りらしい落し物。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-25 01:56 | Beach life
Don Ciccio
c0145717_0424181.jpg
トラットリア・シチリアーナ・ドンチッショ
”予約の取れないお店”というものに、どうも首を傾げたくなるのだけれど
行く機会の無かった、トンマズィーノのオーナーシェフが開いたお店と聞き
ここへはずっと行ってみたかった。無責任に人任せで、友人が3度目にして
ようやく予約にこぎつけた。
(来店希望日の2週間前のお昼から予約受付スタートとのこと。)
c0145717_134134.jpg
一番乗りの6時ぴったりに到着。到着早々「スプマンテ!」とだけ友人に告げ
おトイレを我慢していたお行儀の悪い女は、さっさと離席。
c0145717_172462.jpg
盛りだくさんのそそられるメニューに、3名なかなか決められず。
料理はかなりゆっくり出てくると、すでに来たことのある2名から聞き、そうしている
間にもテーブルはどんどん埋まり、一番にオーダーを入れなくては!とアセるアセる。
前菜は牛肉のカルパッチョと、魚介のフリットは、小エビ、ヤリイカ、コイワシなど。
スプマンテの後はトスカーナの白を。軽く飲み易いけれど、まろやかで美味!
c0145717_1143474.jpg
お店で人気のメニューが、ういきょうを使ったお料理とのことで、スタッフのおすすめも
それだったのだけれど、食べたことのある2名はキッパリと「ん~ういきょうはパス」。
パスタ①白魚とからすみのアーリオオーリオ。白魚とからすみの文字だけで、もう
殺されちゃいそう。
c0145717_1163433.jpg
パスタ②豚肉と牛肉のラグー。ショートパスタは日頃あまり食べない方なので
ちょっとだけ物足りない感じだけれど、アルデンテ具合もたまらず、しっかり完食。
c0145717_1201156.jpg
メインはかじきマグロのグリル。3名話が止まらず、お店の方には申し訳ないですが
せっかくのお料理を放置プレイ。この日の勢いならば、お肉でも良かったかな?
c0145717_12312.jpg
スタッフは全員男性。常連さんらしき人も男性が数名。私達の次に到着した
男性は、一人でカウンターで軽くつまんでさっと出て行かれた。

気のおけない仲間達と美味しく食べ、飲み、笑い転げ、時々顔を寄せ合い、人には
言えない話やかなりキワどい話でコソコソ盛り上がり、たっぷり楽しんだら4時間近く。
撤収時もお店はまだまだ満席、活気に溢れていた。元気良くお店を出たくなるような
気持ちの良いお店。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-25 01:45 | Gourmet
首年齢
c0145717_8411742.jpg

木の樹齢は、年輪を見れば分かると言う。
女性は、年齢とともに首のシワが気になるようになる。

私の首は、もうずっと前から、実年齢よりもかなりお年を召している。
シワがすごい。シワというより、太いスジが2本真横にくっきりと刻み込まれ
まるでロープで首を絞められた跡かのように、食い込んでいる。
絞められた(もしくは絞めた)けれど絞めきれなかった、中途半端な過去が
残っているかの様に、自分で首を触ってみてもその食い込みっぷりが良く分かる。

エステサロンでセラピストの人にこの首について触れると、お金を落としてくれる
客に対し「わぁ~これはヒドいですね」なんて言ってくれるはずもなく、皆一様に
「そうですか?気になりませんよ」とご丁寧に気を使って下さる。
そんなワケないでしょう、だって食い込んでるもん。

悪化する様子はないけれど、さすがに年齢とともに”ためらい傷(スジ)を持つ女”
や、”老婆の首を持つ女”は少々気になるなぁと思い、悪友の夫 Dr.Rにも相談して
みた。救命救急でヤケドを専門としていた形成外科医の彼ならば、美容形成の
スペシャリストならば、きっと何かしらアドバイスをくれると思ったのだが、この首を
まじまじと観察し触診した後の彼のひと言は「これは何だろうね」。そして〇〇注射
やら新種の美容技術の名前を羅列したものの、ここまで深いシワには一時的な
効果であって、おそらく治し(直し?)ようがないのではとの診断。マジすか。

会う度に同じ質問をする私に、女性の味方の心優しいドクターは同じように診断して
下さるのだけれど、最近は「またかよ」と言った感じで悪友の顔を見る。
悪友も「まただよ」と言った感じで、彼を見る。

ドクターにまで言われてしまっては、さっさと諦めて放置するしかない。
今まで気付かなかった人は、今度私の顔を見る前に首を見てみてください。
念のため、誰にも絞められてはいませんので。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-21 08:48 | Talk
一風堂 湘南SEASIDE
c0145717_10152881.jpg
今年の7月、一風堂 がR134沿いにオープンした。
c0145717_9494866.jpg
お江戸でも食べたことがなかったので、静かになった秋にパトロール。
お店は一風堂というよりも、まるでカフェみたい。

c0145717_954387.jpg
メニューを見て、「赤丸かさね味」をオーダー。もう1名は白丸元味。
c0145717_1005628.jpg
私の赤には、香味油や味玉?とかいう辛味噌のようなものが。
とんこつラーメンなので、細麺。これにネギ&のりを追加でオーダー。
c0145717_1063139.jpg
テーブルにトッピングがいっぱい!右から、生にんにく、紅しょうが、高菜、そして
ピリ辛のもやし。すりごまも。もやしがあるのは野菜が摂れて嬉しい。
c0145717_10464898.jpg
にんにくはこれで潰します。デートでは食べられないね。

ん~、やはり 「らう」 に勝るものは無しか!?
でも、近いし少し運動して歩いて来られるし、竜宮城も便利になりました。

と、書いている間にも、「らう」っちゃいたい気分でございます。



エキサイトリーダーに登録
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-20 10:18 | Gourmet
腰越Loasi
c0145717_11261512.jpg
いつ行っても気持ちの良いイタリアンのお店、ロアジ。
夏に「シャッターが開かないんです!」と、受話器の向こうの大騒ぎを聞いたきり
しばらくご無沙汰だった。貴婦人会メンバーと、久しぶりにそのシャッター事件を
確かめに。

c0145717_11272371.jpg
新しく入ったビールを早速トライ。
ヒューガルデンのこちらは「禁断の果実」。アダムとイヴが飲んだくれ。
c0145717_11285258.jpg
キャラメルの香り?無ろ過らしく、瓶の底にオリが。
c0145717_11303346.jpg
来月ベベが生まれるお方は、オーガニックのジンジャーエール。イギリス。
もう1名、電撃婚を見事やってくれたお方はエビスの生。
おめでたいこと続きの貴婦人会に、乾杯!
c0145717_11355131.jpg
いつも楽しみな、前菜の盛合わせ。この日のカルパッチョはカツオ。
香り豊かで彩り鮮やかな鎌倉野菜がたっぷりいただける。
このお皿が登場した途端、向かいに座るお二人も大興奮。
c0145717_113814.jpg
「鹿お好きですよね」とキッチンからのシェフのひと声。はい!鹿お願いします!
メインは鹿肉のグリル。あぁ、この季節です。自家製フォカッチャと共に。
c0145717_1151922.jpg
デザートは黒板メニューから好きなものを。
私はレモン風味のパンナコッタ。さっぱり、プルプル。
このお店が初めてのお二人にパスタもぜひ味わっていただきたく
お腹の具合で追加しようと話していたものの、結局満腹。

c0145717_11472010.jpg
江ノ電沿いにある、わずか14席の小さなお店は、見落としてしまいそう。
c0145717_11481195.jpg
1時間に4回ほど、お店の窓から至近距離で江ノ電を見ながらのお食事。

オーナーシェフとサービスの男性2人の小さなお店は、いつも満席大繁盛。
いつ来ても時間がゆっくり(お二人は大忙しだけれど)でつい長居してしまう。
この日も結局最後のお客?
いつも空腹のいやしい人間が大興奮するたびに、「もうちょっといきます?」
「もう少し持ってきましょうか?」とイケナイ誘惑をしてくださる。
以前シェフと盛り上がった渋谷のお店に、来週ようやく行けることを報告&
ちょっぴり自慢し、撤収。

このお店に行ってみたい!と言って下さるお友達が何人もいらっしゃいます。
竜宮城までお越しいただければ、いつでも喜んでお連れいたします。




エキサイトリーダーに登録
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-18 11:58 | Gourmet
完徹女
c0145717_14592261.jpg

特に理由も無いくせに、徹夜した週末。
朝帰り?と聞かれたけれど、違います。
前夜ソファでうとうとして体を冷やしてしまい、お風呂で温まろうと思ったら
お風呂上りには全然寝付けず、そのままこのような展開となっていた。

 7:30起床
10:00スーパーへ買い物
12:00外出
21:30帰宅、TX祭り①「アド街っク天国」
22:00TX祭り②「美の巨人」
23:30TBS「チューボーですよ」ドライカレー
うたた寝
24:00入浴
 1:00就寝→眠れず1時間モンモン
 2:00読書&パソコン
 5:00千葉へ出発の1名見送り
 6:00こんな時間にポテトチップス
 7:301時間だけ仮眠
 8:30起床
 9:00友人と15年振りに再会
10:00ビーチクリーン
11:00一旦帰宅
13:00再びビーチへ、大会観戦&ランチ
17:00帰宅、グリお散歩
19:00卵とじうどん
20:00TX(テレビ東京)祭り③旅番組
23:00千葉の1名帰宅
24:30就寝


訂正

仕事でさえ、完徹記録は36時間程度だったのに。
記録がこの度更新され、41時間。途中1時間だけ仮眠したので、40時間。



エキサイトリーダーに登録
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-17 15:02 | Talk
はっぴいえんど

風が心地良い季節になると、この曲が聴きたくなる。

はっぴいえんど「風をあつめて」




ソフィア・コッポラの映画「LOST IN TRANSLATION」を、缶ビール片手にひとりで
観た渋谷の金曜夜、ギリギリで最終回に滑り込み、女ひとりで1杯始めると、狭い
劇場内に「プシュッ」と音が響き渡り、若干視線を感じた。
そして、エンディングでこの曲がかかった時、思わず「いいねぇ~」とオヤジ臭く
つぶやいてしまった。ちょっと、いや、かなり嬉しかった。

c0145717_1051237.jpg
このジャケットの細野晴臣様、尊師っぽい。


エキサイトリーダーに登録
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-15 10:10 | Talk
花畑牧場
c0145717_10433553.jpg

巷で噂の、 花畑牧場 の生キャラメル。
デパートの物産展では即完売、北海道の空港でも何時間も並ばなければ
手に入らない大人気のスイーツを、たまたまいただく機会に恵まれた。

キャラメル大好き。バッグの中にキャラメルが入っていることが多い。
駅の売店でよく買うのは、森永のキャラメル。グリコのハート型も好き。
ブルターニュの塩キャラメル系も大好物。
c0145717_10504569.jpg
大切に持ち帰り、冷蔵庫でしばらく冷やし、そっとパッケージを開けると
キャラメル達が薄紙に包まれて、お行儀良くならんでいた。ワクワク。
c0145717_10553666.jpg
紙の上からそっと押してみると、確かに少し柔らかそう。生キャラメルですもの。

口に入れると...
ん?あれ?もう溶けちゃった?
あっという間にキャラメルはダラリと解け、口の中いっぱいに甘さが広がり
楽しむ余裕が無いまま消えてしまった。ん?こういうもの?冷やし足りなかった
かと冷蔵庫へ入れ直し、翌日再度食べてみたけれど、やはり感想は同じ。

この溶け具合が大好きな人が沢山いらっしゃるのでしょう。でも、せっかくの
キャラメルがあっという間に消えてしまい、何だかもったいない。口の中で
ゆっくり溶けるキャラメルの香ばしい味を楽しむ間もなく、無くなってしまい
自分には、ちょっと物足りない感じ。すごく楽しみにしていたのに、食べて
みたくて仕方が無かったのに、あれれ、何だか微妙な感じ。

こんなシメでいいのか?
単純な私には、どうやら森永のキャラメルの方が合っているみたい。




*あくまでも個人的な感想であり、これはとても美味しいキャラメルです。


エキサイトリーダーに登録
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-14 11:12 | Gourmet
海日和

久しぶりに、1日ビーチで過ごした週末。
同日にサーフィンの大会とライフセービングの大会が行われ、お天気にも恵まれ
竜宮城は夏以来の賑わいとなっていた。

c0145717_23315050.jpg
こちらはサーフィンの大会。
ご近所友達の可愛い女の子が参戦し、見事ファイナリストに!

c0145717_025037.jpg
こちらは、全日本ライフセービング選手権大会。
人命救助のスペシャリスト達が、日頃の鍛練を発揮する年に一度の大切な日。
そして、我が貴婦人会の鵠沼支部のひとりが出場!というわけで、貴婦人会も応援へ。

ここへ越してきて5年、毎日のようにライフセーバーのどなたかと道やビーチで会えば
挨拶し、夏の間はその警備活動に感謝する毎日なのに、恥ずかしながら実は競技を
見たことがなかった。
c0145717_0111143.jpg
ビーチフラッグ。この競技なら皆さま一度はテレビで見たことがあるのでは?
決勝戦に、全日本第1位で女子世界王者であるご近所さんが出場。
すごい。その一瞬の勝負に、圧倒された。世界王者のしなやかさと迫力は
言葉では言い表せない。そして見事優勝。何と驚異の16冠!!

竜宮城駅前のコンビニか、お酒の席でしかお会いしたことがなかっただなんて
大変失礼いたしました。この日ルールを何度も説明していただき、やっと理解した
だなんて、大変申し訳ございませんでした。
c0145717_0452881.jpg
そして、我が貴婦人会の同士が出場のサーフスキーレース。
トレーニングでさらに引き締まった彼女の後ろ姿は、格好良かった。
こちらも大健闘で入賞!おめでとう&お仕事とトレーニングの両立よく頑張りました!

c0145717_0554975.jpg
鵠沼支部は世界王者とともにリレーにも出場し、見事第3位。
そして、ここ地元の西浜サーフライフセービングクラブが団体総合優勝!
おめでとうございます!


おまけ
c0145717_0571349.jpg
閉会式まで見ていて、ひとつ気になった。
日本各地、色の違う水泳帽をかぶった勇者達が、この時、競走馬に見えてしまった。
まるで、ジョッキーの色のように見えて、表彰台の大きなパネルになっている勇者達の
素晴らしい写真が、”各馬一斉にスタート!”に見えて仕方がなかった。

とブツブツ言っていると、近くにいらした理事の方に「コラ!」と笑いながら怒られました。
ごめんなさい!


この日は、ビーチクリーンに参加し、サーフィンスクールのため竜宮城へ来た友人と
15年振りの嬉しい再会もあり、海の近くに住む人間らしい1日を過ごしたのでした。




エキサイトリーダーに登録
 
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-14 01:08 | Beach life
Cressonniere
c0145717_3561389.jpg

私は勉強会、母上は知人との約束と、お互い同じ時間帯に新宿に居ることが分かり
珍しく新宿で待ち合せて食事。

Cressonniere (クレッソニエール)
渋谷コンコンブルの姉妹店が出来たと知り、伊勢丹へ行く時や新宿に用事の
ある時に行ってみよう思ったまま、なかなか行く機会がなかったフレンチ食堂。
カジュアルでリーズナブル、ちょっとしたおつまみもあり、飲んでも飲まなくても
どちらでも使えるお店はいつも大賑わいで、お江戸時代、渋谷のお店へは
2回転目を狙い、遅めの時間にたびたび行った。

c0145717_4105422.jpg
ワインはカラフェで、ブルゴーニュとボルドーのを。
c0145717_4114011.jpg
ここでの大好物は、メインではなく、このにんじんのサラダ。確か600円?
まず1番にオーダーする。これが大好きで、おかわりをしたことがあるほど。馬か。
c0145717_4172173.jpg
c0145717_4152324.jpg
豚肉のリエット。自家製パンと一緒に。
c0145717_4184529.jpg
メインを待つ間、おすすめされた、なすと黒オリーブのコンフィを。
満腹ほろ酔いで、でもまだ口寂しい時に食べるのに良さそう。
日頃薄味生活の私達には、少し塩が強かった。でも美味しい。
c0145717_4223015.jpg
メインは子羊肉のパイ包み焼き、赤ワインソース。
ちょっと甘めのソースがお肉に合う。

しばらく振りだからか、全体的に少し値上がりした様子。
メニューの種類も少なくなった感じだけれど、渋谷もそうなのかな?
でも、伊勢丹から徒歩30秒、古いビルの地下という微妙なロケーションは
お買い物で歩き疲れたから一杯だけ!なんて時にも使えて便利。
渋谷同様、ランチのセットはシルバーのトレイで機内食の様に出される。

かなり無愛想なギャルソンが少し気になったけれど、にんじんのサラダをまず
選ぶ私の横でうなずき、ポットのサービスではない紅茶をポットでたっぷり出してくれ
帰り際、「こちらもどうぞごひいきに」とドアの外まで見送ってくれた。
渋谷の話が聞こえたのかな?




エキサイトリーダーに登録
 
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-10-12 04:42 | Gourmet