貴婦人会片瀬支部
by fusprout
カテゴリ
全体
Beach life
Gri-Gri
Day by day
Work
Talk
Gourmet
Night life
Mono
Travel
未分類
外部リンク
以前の記事
2015年 08月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル


<   2008年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
潜入計画
c0145717_1029359.jpg

この週末に花嫁となる友人、小鹿ちゃん。
とても華奢で可愛らしい彼女を、オヤジの私は小鹿ちゃんと呼んでいる。

ご親族の結婚式と同じ日だったのに、私達のビーチパーティへ駆けつけてくれた彼女。
初めての竜宮城へ、夜の暗いビーチへひとりで、明かりを探し来てくれた彼女。
滞在時間よりも移動時間の方が長いのに、「一緒に写真を撮りたかったから」と
言ってくれた彼女。だから私も、彼女のウェディングドレス姿が見たい。

というわけで、参列者に相談し、こっそり挙式に潜入させていただくことにした。
バージンロード脇にモグリがいたら、ビックリするかしら。
受付担当者に根回しし、招待状が無いくせに、図々しくも参列する気でございます。
式が終わったら、さっさと退散いたします。

せっかくだから、お一人様で「勝手に披露宴」も計画しようかな。
同じ時刻に近くで、一人で乾杯しちゃおうかしら。
(これも20代にはない、女の厚かましさか)
それまでに体調を治さないと。


*そんな小鹿ちゃんに贈る、「ドラえもん-のび太の結婚前夜」

(情報提供者様、ありがとう)



ようやく、エキサイトでもYoutubeが貼れるようになった。
どうして今まで出来なかったのでしょう。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-30 10:56 | Talk
Hideaway
c0145717_16242223.jpg
キッチンから見る朝日。
徐々に明るくなる車内や外のデッキで、ゆっくりと紅茶をいただく静かな朝。
c0145717_16244329.jpg
最終日は朝から快晴。エアストリームに差す朝日。
早起きし、お外での朝食はクラムチャウダー。

c0145717_162522.jpg
c0145717_16252529.jpg
グリとひと遊びした後は、ねん挫している足をかばいつつ、プチヨガタイム。
今度はヨガマットを持参しよう。

c0145717_16254348.jpg
素敵なオーナーご夫妻と看板犬のトイプードルのムックが迎えてくれる、小さなお宿。
ぜひ犬を飼っている人に教えたい。でも、たった2つのトレーラーハウスが、しかもこの
お気に入りのエアストリームがいつも満室では、困ってしまう。
という訳で、こちらはシークレットとさせていただきます。詳しくは、個人的にご連絡を。

c0145717_1626783.jpg
そして、一路竜宮城へ。
c0145717_16262244.jpg
途中のサービスエリアにはお惣菜コーナや直売所があり、しっかりランチを調達。
地元名産くじらのフライとアジの味噌味(なめろう?)ハンバーグ、アジのそぼろ
「さんが」の入ったおにぎり。ここもイイ所を見つけた。

帰路もスムースだったのに、あともう少しの葉山で渋滞にハマり、波チェックしつつ
R134沿いをゆっくりと走り帰宅。
車での移動でお疲れ気味のグリと一緒にお昼寝の後、シメはやっぱり、コレ。
c0145717_16263489.jpg
らう っときますか!らう っときました!


おしまい。





c0145717_1636133.jpg
*おまけ
オーナーご夫妻から送られてきた
看板犬ムックの珍フォト、「大仏ムック」。
何と穏やかなお顔でしょう。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-29 16:42 | Travel
Sunset B-B-Q

到着日は夜から雨の予報のため、お楽しみのバーベキューは翌日に。

c0145717_8311722.jpg
初日の夜は、エアストリーム車内で簡単なご飯。ビールで乾杯&ドライカレー。
ここはお鍋や炊飯器、食器なども完備されている(食器はシンプルなIKEA)。
キャンプ気分を上げるために持参した、フィリップスタルクのピクニック用LUXシリーズの
お皿とグラスを使って。軽いプラスチックで見た目も良く、とても便利。

c0145717_8321168.jpg
翌日、夕暮れ前からビールを片手に、デッキでバーベキューの準備。
ここではグリルを貸していただける。テーブル上のビニール袋は、タレに漬けたお肉。
c0145717_8324216.jpg
c0145717_833322.jpg
まずは和牛ステーキ。
シンプルに塩コショウのみ。持参した友人から頂いたかぼすと一緒に。
このスタルクのLUXシリーズ、グラスを倒さないようにお皿に差し込む仕組みに
なっていて、とても軽く、狭い場所や立食の時にも便利。ゴールドの丸皿が手に入らず
シルバーだけれど、ゴールドのお皿とグラスにシャンパンを注いだら、きっと綺麗だろうな。

c0145717_8332572.jpg
メインはスペアリブの予定が、お宿近くのスーパーでは手に入らず、ソテー用のお肉で。
c0145717_8334814.jpg
朝から下準備でタレに漬け込んだお肉は、味が染み込みとてもジューシー。
タレはニンニク&ショウガたっぷりと、ジュースやケチャップ等にスパイスをプラスして。
c0145717_8355830.jpg
付け合せはグリル野菜と、かぼちゃとくるみのカレー炒め、お口直しのコールスロー。
ご飯はお肉に合わせ、オリーブライスに。

c0145717_8361238.jpg
変わり行く空を眺めて。
c0145717_8381067.jpg
c0145717_8362939.jpg
(写真拝借)
夜のエアストリームは、ライトアップされこんなたたずまいに。
メタリックなボディがライトに照らされ、とてもクール。
やっぱり、ライフル銃で殺されちゃいそうな雰囲気バッチリでしょう?

c0145717_8382644.jpg
c0145717_837462.jpg
静かな夜。満天の星空を見上げ、キャンドルの炎と共に。
もう少し寒くなったら、ワインでしょうか。

全ての明かりを消し、見上げると、天の川が見えた。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-29 09:04 | Travel
温泉&散歩
c0145717_2321775.jpg
今回のお宿周辺には、日帰り温泉やホテル併設の温泉などがいくつもある。
教えていただき、夕方の買出しの前には近くの温泉へ。
c0145717_234753.jpg
こちらは、洞窟の中にある温泉なのだそう。
c0145717_2344280.jpg
ここは明るいうちに行って正解。夜は暗くて見えにくそう。またねん挫したら大変。
温泉で体を温め、ピックアップの直角シートで往路頑張った我が身をねぎらう。

c0145717_236026.jpg
翌日は、リゾートホテル内の温泉へ。
バブル期にオープンしたホテルは、残念ながら今では閑散としているけれど
温泉は貸切状態。独り言は言いたい放題。素っ裸でカメラを持込み、眺めチェック。
c0145717_2362386.jpg


もう1つ、別のホテルの展望風呂が一番魅力的だったのだけれど、今回はおあずけ。
次回の旅行のお楽しみに。


c0145717_2365564.jpg
そして、お宿から歩いて行けるポイントまで、お散歩。
c0145717_2371975.jpg
辺り一帯は畑。ナスや大きな唐辛子が生っていた。
c0145717_2374571.jpg
養蜂場を発見。
c0145717_238615.jpg
ここは普段は波がなく、台風が来ると上がるポイント。
お天気が良ければ夕日がとても綺麗なのに、ちょっと残念。

お宿へ戻る道やドッグランで、トンボを見た。もう秋なのね。



秋のお出かけ、楽しかった一枚!
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-27 00:12 | Travel
Private dog run
c0145717_7115080.jpg
エアストリームの目の前は、私達専用の広いお庭兼ドッグラン。
(外のチェアのクッションは、いつも車に積んである我が家のもの)

c0145717_7145350.jpg
何度も何度もボールを追いかけるグリグリ。一度始まると止まらない。
芝生の上に布を敷いてピクニックしたり、テントを建てたりしても楽しそう。
大きな木があるので、子供がいたら”だるまさんが転んだ”も出来そう。
(木に掛かっているのは首吊りではなく、ウエットスーツ)

c0145717_7151297.jpg
c0145717_7153194.jpg
c0145717_7155081.jpg
遊び疲れボールに鼻を押し込み、こちらをチラ見するグッさん。
c0145717_716932.jpg
疲れ果て、ボールを落としても拾いに行こうともしない。

c0145717_7185367.jpg
1日目のお隣のワンちゃんとご挨拶。ワイヤーフォックステリアの女の子。
お名前を聞けなかった。初めグリから吠えてしまったけれど、お相手はそんな事は
お構いなしでしっぽを振り、遊ぼうとけしかけてくれる。
c0145717_7191538.jpg
いなくなってしまうと、寂しそうにするグリ。
c0145717_7194082.jpg
そして2匹揃ってワンワン!と何度も往復して走り回り、ネット越しに徒競争。
それぞれ専用のドッグランは、お庭の奥の柵が開閉でき、自由に出入りも可能。

c0145717_724776.jpg
2日目のお隣さんは、都内からお越しのミニチュアシュナウザーのレオンくん。
レオンくんよりも、レオンくんのおもちゃのハンバーガーに興味深々のグリと
グリを女の子と思い気になって仕方のない、10ヶ月のヤングなレオンくん。
飼い主様のお顔は、葉で隠させていただきます。
c0145717_7245685.jpg
柵の向こうの人様(犬様)のおもちゃを投げろと、図々しくお隣の飼い主さんに
要求し、取る気マンマンで走るグリ。
c0145717_727239.jpg
最後はこちらのお庭に遊びに来ていただき、仲良くご挨拶。

c0145717_7275884.jpg
芝生の中に、小さなカタツムリをいくつも発見。
c0145717_7282093.jpg
朝たくさん見かけたキノコは、気付くとしぼんでいた。
キノコのかさって、朝開くの?

c0145717_7283520.jpg
翌朝確認したら、またしっかり開いていた。
グリはこのカタツムリやキノコ達に気付いたのかしら。


中学&高校6年間を過ごした女子校は、校庭が芝生だった。
足の感触が懐かしかった。(ねん挫の足には、不安定で痛かった)




秋のお出かけ、楽しかった一枚!
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-26 09:29
AIRSTREAM-内部公開
エアストリーム室内をご紹介。

c0145717_1113139.jpg
ドアを入ると左にはキッチンとダイニング。テーブル頭上には無線機が。
c0145717_112136.jpg
入って右にはゆったりサイズのソファ。頭上にはテレビ内蔵。
ベッドにもなり、寝転がってテレビが観られるみたい。ちなみにSONY。
c0145717_112225.jpg
ここでは液晶テレビとDVDが楽しめる。
c0145717_112351.jpg
コンパクトなキッチン。室内火気厳禁のため、IHコンロを代用。
収納たっぷり、窓が多く明るい室内。
c0145717_1125222.jpg
キッチンの横には大きな冷蔵庫と電子レンジ。全ての規格がデカい。
その先にはバスルーム、クロゼット、突き当たり奥にベッドルーム。
c0145717_1131454.jpg
バスルームにも窓があり開放感たっぷり。窓から私達専用のドッグランを眺められる。
コンパクトなシャワーのみのバスは使用せず。
c0145717_1135197.jpg

c0145717_1162792.jpg
ベッドルーム。3面に窓があり、車内でも明るく、気持ちが良い。
c0145717_1172357.jpg


c0145717_1191765.jpg
グリも楽しそうに探検した後は、お庭でのんびり。

窓を開けて聞こえるのは、鳥とカエルの声だけ。静かな、静かな時間。
秋の気配を風で感じ、到着早々ビールが飲みたくなる、そんな気分に
させてくれる我が家。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-25 11:19 | Travel
AIRSTREAM sanpo

c0145717_9593927.jpg

犬も一緒に泊まれるお宿で良い所はないか、ずっと探していた。
お宿で、もしお隣りのお部屋から「ワン!」なんて聞こえたりしたら、このお方は
きっと興奮し、ずっと吠えっ放し。食事の席に同伴可でも、他のお犬様と一緒では
このお方にとって苦痛になること間違いなし。静かに過ごすどころか、犬も人間も
気疲れするだけの旅が予想される。
私達にぴったりなお宿はないかと、いつも思っていた。

ここは、アメリカンなトレーラーハウスのプライベートなお宿。
広大な土地に、たった2棟の贅沢な空間。目の前は、美しく手入れされた芝の
広いお庭兼ドッグラン。見渡す限り、周りは畑。海まで歩いてすぐ。

私達が滞在したのは、このトレーラーハウスのエアストリーム。
まるで映画のように、中からヒゲ面の酔いどれが、フラフラと出てきそうな雰囲気。
ライフル銃で撃ち殺されちゃいそうな雰囲気。

c0145717_1024223.jpg
お隣のもう1棟は、ハウス型のトレーラーハウス。
お隣と言っても、家一軒建つ程ゆったりと離れている。これにもタイヤがあり
車で引っ張ることが出来るみたい。こんなに大きな家を移動させキャンプする
アメリカ人、ハンパない。
c0145717_1041451.jpg
ここでは固定し、お宿として使用中だけれど、この正面を大きな車とつなぎ
広大な土地を走るわけである。
以前、仕事でロケ撮影の際、控え室としてこのエアストリームの手配を
お願いし、こんな巨大な車が田町や六本木を走ったことがあった。
(外苑東通りでこれを見ると、その迫力は尋常ではない。)
あの時、いつかこのキャンピングカーに滞在してみたいなと思ったけれど
まさか、こんな出会いがあるとは。

c0145717_10403567.jpg
到着早々、ご機嫌でボールをくわえ走り回るグリグリ。
この広いお庭が、我々専用ドッグラン。何て贅沢なのでしょう。




秋のお出かけ、楽しかった一枚!
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-25 11:09 | Travel
犬同伴初旅行
グリグリと一緒に、初秋の旅行。初めてのワン同伴旅行。

・犬にとって心地良い環境であること
・プライベートな空間を確保出来ること
・海の近く(これはもう1名の都合)であること
・移動時間が長過ぎず、直角のシート(これは私には拷問)でも耐えられる距離内で
・温泉もマスト

などを条件に、あれこれネットでリサーチ。
思いがけず「これは面白そう!」と、楽しそうな所を見つけた。

c0145717_9375758.jpg
朝イチでいざ出発。
c0145717_934078.jpg
グリグッズやビーチグッズ、サーフボードやウェットを詰め込んで。
どうか雨が降りませんように。
c0145717_9383762.jpg
お江戸の実家への、1時間程度のドライブ経験のみのグリの様子を見ながら
何度か休憩を挟みつつ、行きはスムースにあっという間の2時間程の道のり。
c0145717_9385165.jpg
c0145717_9392258.jpg
c0145717_9424360.jpg
グリさん、もうすぐですよ。涼しい朝、風が気持ち良い。
c0145717_9432570.jpg
第1目的地到着。竜宮城の皆様、こちらはしっかり波ありますよ~。
サイズは胸~肩、時々頭?私は波などどうでも良いので、雨だけは降らないで!
c0145717_9503565.jpg
久しぶりの、懐かしい光景。
ショートボードばかりでロングはごくわずか、野郎ばかりで女の子もごくわずか。
グリにとっては、いつも見慣れたビーチとは少し違った景色。

c0145717_9552053.jpg
あいにくの曇り空だけれど、日差しが照りつけるよりも過ごし易く
気持ち良さそうに海を眺めたり、ウトウトしたり。

前日、夜までずっと寝たきり状態で、やっと体が動き出したのは23時過ぎ。
それから支度を始め、深夜3時就寝、朝6時半出発。
入水中のお方を待つ間、こちらは途中から眠くて眠くて。でもグリがいるので
居眠りも出来ず、最後は海に向かって仁王立ちしてアピールしたものの
お遊びに夢中のお方は気付くこともなく、何と4時間も放ったらかし。




秋のお出かけ、楽しかった一枚!
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-24 10:33 | Travel
武勇伝
c0145717_12565556.jpg

義父上の武勇伝は、息子よりたびたび聞いている。
亀井静香とビートたけしの兄を足し、2で割ったような出で立ちの
いつもニコニコ顔の小柄な義父上からは、想像も出来ないような過去。

大学卒業後、アメリカで遊学中の父上は、当時珍しかった日本人であることを
理由に、”ちょっかい”を出されることが度々あったそう。
毛むくじゃらの大きな男たちを相手に、得意の武道で ”ちょっとした運動”を
されていたとは聞いてはいたものの、あの小柄な義父上からは、想像出来かなかった。

竜宮城へ遊びにいらした時のこと。
イタリアンのお店で、ブラッドオレンジジュースをチューチュー飲み
若かりし頃について語り始めた義父上に、例の話を聞こうと軽く振ってみると
「そんなもんじゃないですよ」と嬉しそうに、何だか自慢げなお顔に。

遊学時代の義父上、メキシコもたいそう気に入られたそうで、夜な夜な街へと
繰り出し、大男達を相手に武道をご披露なさったのだそう。
ニューヨークでは、お金が無いのを承知の上で度々タクシーに乗り、精算時には
運転手さんに”少々痛い思い”をしてもらい、強引に降車していたのだそう。
(これ以上具体的な表現は出来ません。)
初めて聞きました。これって...軽く犯罪ではないでしょうか。
そして、ベトナム戦争真っ只中、徴兵をあっさり断ったがために、即刻日本へ強制送還。
以後、長い間アメリカへ入国出来なかったという話も、本当だった。

息子の思春期には、バットを振りかざし向かって来る息子の腕を軽く取り
その場で自ら脚のスネでバットを真っ二つにヘシ折って見せ
「やれるものならやってみろ」と冷静に言う父を見た息子は、このオヤジには
かなわないと、それ以来堪忍したのだそう。

どう見ても、頭の薄くなった小さなお父さんなのだけれど
甘いものの食べ過ぎを家族に注意されても、いつもニコニコ顔だけれど
確かに、腕っ節は太く、胸板は厚そう。

さらに、「こんなバカ者に教えたら、どうされるか分からない」と、なんと、熱海か
伊豆だかの別宅を長男にだけには教えず、家族は皆行っていたという衝撃の事実を
社会人になってやっと知った息子は、あっけに取られていた。
そして未だに、息子はそれが何処にあったのか、知らない。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-19 12:57 | Talk
Peter @The Peninsula Tokyo
c0145717_8545558.jpg
c0145717_8551644.jpg
(写真拝借)
不思議つながりの友人達と、ペニンシュラの Peter へ。

この日、自分の中でのメインは料理ではなく、友人の妹君との10数年振りの再会。
あの頃10代だった女の子が、一体どれだけ大人になってしまっているのか
何からまず話そうか、どういじくろうか。

キーワードは「眺めの良いお店で」。Peter専用のエレベーターで最上階へ。
初ペニンシュラの時、中華のヘイフンテラスは閉塞的で、ホテルレストランの良さが
活かされていない感じがしたけれど、こちらは素晴らしい眺めで、開放感たっぷり。
c0145717_8561431.jpg
(写真拝借)
皇居を眺めながら。ここはきっと、昼間の方が素敵でしょう。

c0145717_8563319.jpg
後発隊の到着を待たずに、さっさと飲み物を注文。
選びきれないほどのベルギーワインのリストを前に、質問攻めにし
悩みに悩んで「りんごの風味とライトな口当たり」とのブラウンのMoinetteを。
c0145717_85712100.jpg
もうおひとりは、ビールなのにコルク栓!
シャンパンと同じような?工程で作られたという、2年発酵のチェリーのビール。
ランチョンマットやコースターがパープルで、嬉しくなる。
c0145717_8583187.jpg
まずはアミューズ。フロマージュとかぶのカレー風味添え?(勝手に命名)
c0145717_9122971.jpg
パンをチョイス。ターメリックと黒ごま。バターは岩塩と、ピンクペッパー&ういきょう。
c0145717_8573156.jpg
お料理はプリフィクスで、各自メニューと格闘。私が選んだのは...
フォアグラと豆腐のテリーヌ、 リュバーブのコンポートと山椒風味のホイップクリーム
フォアグラと水気を切った豆腐を、ミルフィーユのように湯葉で挟んで。
初リュバーブ。甘酸っぱく、フォアグラと一緒に。
c0145717_902154.jpg
36時間火を入れた沖縄産アグー豚バラ肉とフィレ肉のグリエ、グリーンピースリゾット添え
「36時間」とビタミンBに引き寄せられ、メインはお肉に。
バラ肉は皮がパリパリ、ミルフィーユみたい。リゾットはフライされ、ライスコロッケのよう。
ソースを付けなくても十分のお肉のお味。
c0145717_903910.jpg
デザートは、メロンとハーブのパンナコッタ、ヨーグルトとライムのシャーベット添え。
お向かいは、前日がお誕生日のお方。ハッピーバースデー!
この日はデザートは要らない気分だったので、メイン2品にすれば良かったかと
思ったけれど、選んだものは甘さ控えめでさっぱり、これは正解。
c0145717_91526.jpg
デザートの後は、お茶とプチフール。皆お腹一杯で、誰も手を付けず。

ここでのランチ経験済みのお方から、4品は食べきれないと止められ
3品にしたけれど、確かにお腹一杯。デザート抜きなら4品いけるかも?
全体的に味付けシンプル、食べたのかどうか良く分からぬ程
モダンな盛り付けは女の子向きで好き嫌いあるけれど、たまにはいいよね。


残念ながら諸事情により、肝心のメインは現れませんでしたが
J嬢、次回は姉君にペンギンの着ぐるみを借りて、ぜひ出席を!
ペンペンは、19歳の時に所有していたはず。





c0145717_9212018.jpg
オイラは最近、バナナがお気に入り
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-09-17 10:12 | Gourmet