貴婦人会片瀬支部
by fusprout
カテゴリ
全体
Beach life
Gri-Gri
Day by day
Work
Talk
Gourmet
Night life
Mono
Travel
未分類
外部リンク
以前の記事
2015年 08月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル


<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
主役不在披露宴
c0145717_14311651.jpg
明治神宮で、こんなハイヤーを発見。
白無垢&かぶり物(綿帽子と言うそう)姿の花嫁様用ですって。

c0145717_14362471.jpg
勝手に押しかけ、花嫁と記念撮影を無事済ませた後は
ミッドタウンの Nirvana Newyork で、主役不在の、勝手な披露宴。
c0145717_14374370.jpg
1時間予約を早めてもらい、1番乗りにしたのにもかかわらず
大人げない女子1名は空腹が待ちきれないようで、5分前に入りたがる始末。
c0145717_14415758.jpg
とってもPOPなイスに、女の子が大好きな沢山のクッション。
c0145717_14442868.jpg
1段高くなった席からは、満開の桜が。
着席早々「これはゆっくりしちゃうね」と、皆さまご満悦の様子。
明るいうちに、腹ペコで時間を早めてもらい、大正解。

c0145717_1446516.jpg
前菜は、3種類のチャツネとクリスピーなパパダム。ビールにぴったり。
プレーンと、スパイシーなパパダムはとっても軽くてパリパリ。
c0145717_1448833.jpg
まぐろとアボガドのタルタル。ピーナツチャツネとミッシロティ添え。
鮮やかなワインレッドのソースは、ビーツだそう。
c0145717_1450467.jpg
グリーンピースのスープ。青臭くなく、でもほんのりグリーンピースの香りと春のお味。
とても美味しいけれどかなりのボリュームで、頂いても頂いても無くならず
この後苦しむことになるとは...
c0145717_14521623.jpg
カレーは、ラム肉に、プレーンなナン。
辛さをマイルドにするために、ウドと茗荷茸のライタを一緒に。
後からくる辛さを、ヨーグルトソースのライタがマイルドにしてくれる。
これもお肉がごろごろでボリュームがあり、やっとのことで完食。
この後、お肉&お魚が登場と分かっており、そのボリュームが心配な4名。
c0145717_14572884.jpg
仏産チキンとフィッシュティッカのタンドールグリル盛合わせ。
スパイスの良い香りと共に、ご登場。白身魚もお肉も、とても柔らかくて美味。
でもお腹がはち切れそうで、自分だけ持ち帰りにしてもらうことに。
ケーキ用の箱に入れてくださった。
c0145717_14594561.jpg
デザートのボリュームに心配だったけれど、こちらはさっぱり系。
季節のフルーツのマリネと、ダージリンティーのソルベ盛合わせ。
お口直しにぴったり。紅茶とも合う。
c0145717_1551520.jpg
夜はかなり暗い店内のため、日暮れ時から入ると明暗楽しめて、おすすめ。
デートで席が真っ暗だと、ロマンティックなのですがすぐに眠くなってしまい
話すのが面倒になってしまうのは、私だけでしょうか。

とても美味しくいただき、勝手な披露宴は和やかに終了。

慣れない砂利道をヒールを気にして歩き、足がつっぱりながらお腹一杯で
眠くて仕方の無い者は、帰路がつらくてつらくて。
「今頃皆さまは、お風呂タイムよね」と、余計な事を考えてしまい
くじけそうになると、花嫁の美しい写真を見て、竜宮城へ帰宅。

ちなみに、リッツにお泊りの花嫁は、翌朝はゆっくりルームサービスで
モーニングを楽しまれているのかと思いきや、早朝6時にラジオ体操第1を
なさっていたそう。


この日は、往路一緒に電車に乗った稲村ヶ崎のお友達も六本木、
勝手な披露宴も六本木、花嫁花婿の宿泊も六本木で
何だか、ギロッポンな日だったのでした。



c0145717_15224946.jpg
オイラは一生独身貴族。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-31 15:27 | Gourmet
明治神宮
友人の花嫁姿をひと目見に、明治神宮へ。
c0145717_21514022.jpg
世間は春休みだからか、原宿駅付近はもの凄い人。
案の定、普段しないような待ち合わせをした女子4名、なかなか会えず
一番驚いたのは、悪友が若干方向音痴であったという新しい発見。

「パワースポット」「マイナスイオン」に期待していざ潜入、のはずが
一歩踏み込んだ途端、皆さまの会話のひどいこと。
女子その1「何だか臭くない?」
女子その2「くさっ!何コレ!」
女子その3「馬糞じゃない?」
馬なんて、いるのでしょうか...
マイナスイオンを注入する気マンマンだったのですが
ニオイのお次は皆さま空腹のようでして。
その1「お腹すいた!喉が渇いた!」
その2「何時に予約しているの?」
その3「予約の時間早めようよ」
はいはい、電話で確認いたします。

c0145717_2281773.jpg
ヒールを気にしながら砂利道を数分歩き、本殿に到着。
まずは本日の主役の幸せと、皆の健康を祈ってお参りを済ませ
式の直前に行列で通る白無垢姿を探すこと、数分で発見。
その途端、いきなりテンションの上がる女子4名。

c0145717_22105284.jpg
本日の主役発見!と同時に、プロのカメラマンと場所取り合戦。
警備員に注意をされながら、それでも引き下がらず頑張っていると
知らない言語の観光客の方々も一斉にカメラを構え、もの凄い人だかり。
ベストショットを狙い、日本、韓国、フランス...分かっただけでも3カ国。
その様子に気付いた花嫁は笑うのを堪え、でもしっかり、カメラ目線。
そっちのカメラは、知らないおばちゃんですよ。こちらを見てください。
ちなみに、このポジションは相当NGのようで、警備員が少々声を荒げていた。

c0145717_2219483.jpg
親族だけの式のはずが、しっかり4名、記念撮影場所に忍び込み
カメラマンの横で同じように手を上げ、ハイ記念撮影。こちらに気付き、笑う花嫁。
カメラマン「お友達のではなく、どうかこちらを見てください!」

c0145717_22242672.jpg
でも、カメラマンも最後には、「花嫁様がなかなか笑ってくれなくて...」と
愚痴ってこられた。そうそう、あの子はそういう子なのです。

彼女の、今までで一番美しい瞬間だった。
日本人に生まれて良かったと、思った瞬間だった。
日本は美しいと、思った瞬間だった。


勝手に押しかけ、達成感に満たされた4名はこの後
主役不在の「勝手に披露宴」のため、車を飛ばし、いざミッドタウンへ。






c0145717_22373728.jpg
オイラは、まろ眉。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-30 22:41 | Day by day
Niijima
c0145717_18454268.jpg
c0145717_18462233.jpg
この素晴らしいサンセットと青い海は、何処のお国でしょう。
答えは、新島。東京都です。

新島の重鎮、大好きなアニキ様のご来襲。
今年初めてアニキ様にお会いする皆が集まり、3つ先の駅にある炭火焼料理のお店
YAVORA にて、歓迎会。

c0145717_1755351.jpg
みずみずしい鎌倉野菜をオリーブオイルで。色が濃く、とても甘いお野菜達。
c0145717_17581499.jpg
こちらの地魚、アジのカルパッチョ。 友情出演:Yojibay様
c0145717_180250.jpg
地ダコのサラダ。
c0145717_1812098.jpg
馬肉と馬のたてがみ。真っ白なのが、たてがみ。
c0145717_1825035.jpg
焼酎&ワインを、Duke Ellington などJAZZのレコード達と。

湘南野菜と地魚、九州からの地鶏と馬肉、佐渡からの新鮮なお魚などをいただける
小さなお店の後は、移動してご近所へ戻り、ハワイアンバーと、ワルなお店=計3軒。
調子に乗り撃沈してしまい、何もお構いせず申し訳ございませんでした。
次回はぜひ、モーニングを我が家でお願いします。


今年の夏も、新島へ行けますように。


*写真は、昨年の全日本サーフィン選手権の応援に行った時のもの。
 試合後のお姫様と。半分のお姿は、貴婦人会辻堂支部。



c0145717_1840959.jpg

あなたはそろそろ、サマーカット。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-30 18:59 | Gourmet
c0145717_028748.jpg
お江戸に居た頃、毎日通った道。
駅から少し歩いた住宅街は、とても静かで緑が多く、この時期には桜が見られる。
道の向こうにも、小さな桜の木が。
秋には、大きなイチョウの木がお家の近くで出迎えてくれる。
どんどん変わりゆく景色も、お家の周りはまだまだ昔のまま。
c0145717_031355.jpg
もう7分咲き?8分咲き?入学式まで頑張れるかな?
c0145717_0332225.jpg
風が強く、もう桜吹雪になってしまいそうで、心配。

c0145717_034175.jpg
お江戸のお家にも、桜が。湯島の古い和菓子屋さんの上生菓子。
控えめの餡の甘さに、小さな梅干の塩気がちょうど良い。


ここ数年、ピンク色の洋服を着るようになった。
ベビーピンク、サーモンピンク、フューシャピンク。
昔は、何だか媚びているようで余り好きでは無い色だったのに
最近は、ピンク×水色、ピンク×黄緑なんて、ちょっぴりクレイジーな
組み合わせも、結構好き。

先週は、西麻布でクレイジー。
最後は完全に、ただのから騒ぎだった。





c0145717_0473262.jpg
オイラは、7:3分け。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-27 00:50 | Day by day
WATARU
c0145717_8422318.jpg
兄上夫妻のベベ、航くん。もうすぐ8ヶ月。

ほぼ毎日二日酔いだった夫婦が、親になると聞き
おめでたい嬉しさと同時に、ひとつ余計な心配事があった。
あのお義姉様、アルコールを断てるのか?

見事、禁酒生活を継続中の義姉上は、日々立派なママに成長中。

日頃ハイテンションなしっぽ野郎と暮らしていると
気付かぬうちに愛情表現が乱暴になってしまうらしく
航氏と遊んでいるつもりが、あやしているつもりが
彼にとっては、今までに無い衝撃を受けるようで
ほっぺへのブリブリでも、大泣き。
ついには、久しぶりのご対面直後の抱っこだけで
もうお顔が真っ赤になり「助けてくれ~」と大泣き。

君のご両親や、おそばに居るじいじばあばはいつまでたっても
王子様扱いですが、おば様はそんなこといたしませんよ。
男は強くないとね。

というわけで、泣かしてしまうとじいじばあばに怒られますが
それでも懲りずに、次の衝撃的な愛情表現を研究中。


このお写真、カウンターの向こうがミラーのように見え
何だか楽屋の控え室でのスタンバイのようで
「本番お願いします!」と声を掛けたくなる。






c0145717_8545858.jpg
いつの日か、航氏に
ポカンと殴られちゃう時が
来るのでしょうか。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-24 08:56 | Talk
同伴会合
c0145717_7241551.jpg
コラーゲンを欲する女子3名、それぞれ保護者を伴い、春の会合。

よく知る仲間は、かしこまらず、格好付けず、保護者の皆様は
お財布を気にせずというわけで、皆でコラーゲン豚しゃぶ。

悪友のパートナーとは、二人がお付き合いを始める前
「ちょっとスカした男なのだけれど、一緒に会ってちょうだい」と言われ
友人代表としてチェックを入れたのが、始まり。
悪友の留学中には彼と飲みに出掛け、彼女についてのオノロケ話を聞かされ
気付いた時には私一人酔っ払い、彼の車でアントニオ猪木のCDを
爆音で聞き、二人で叫んでいた。

いつもふんわりとした、天然の友人のパートナーとは
二人がお付き合いを始めて間もなく、腐れ縁の仲間達に彼を紹介してくれる
という口実で、彼の夜遊びの先輩方にディナーをおご馳走になった
(要は合コン)のが始まり。

いつの間にか彼らとは随分長い付き合いとなり、年に数回の集合でも
会えば普通に、話の続きが出来る仲に。
殿方は年齢も職業も、タイプもバラバラの3名。
食事の席で注意を受けたり、おねだりをされたり
パートナー自慢のネタにされたり、いつも散々な旦那様達。

この夜は、全員揃って間もなく、お酒のピッチがやや早めになり
せっかくのお鍋の登場の頃には、殿方はそれどころではなくなり
「もう、鍋いいよ。」なんて発言が。

せっかくのお鍋中の写真を撮り忘れ、すっかり出来上がったお顔で
大人げない記念撮影となってしまい、勢い余ってこの夜は
食後の運動で、西麻布×2軒夜遊びハシゴ。


殿方達が盛り上がっていたこの夜の議題は、不動産投資について。
随分と、大人ではないですか。




c0145717_224127.jpg
階段を上るのは得意ですが
暗い中では、下りることが出来ません。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-23 22:49 | Night life
CURRY CURRY CURRY
お姫様 と、カレーを食しに、雨のドライブ。
ボーイフレンドのカレーの王子様(インドの方ではございません)がサーフトリップより
帰国されたとのことで、勝手に「王子様ご帰国記念」と称させていただいておきながら
ボーイフレンドは誘いもせず、申し訳ございません。

c0145717_1138144.jpg
GARA中海岸 は、茅ヶ崎の住宅街にある、一軒屋のお店。
昼間に行くのは初めてだけれど、あいにくのお天気でも、お店は大人気、満席。

c0145717_11395718.jpg
メインのカレーの前に、序章のお料理でスパイスに慣れておかないと。
素揚げしたマッシュポテトの中に、自家製カッテージチーズやスパイスが入った、前菜。
名前はさっさと忘れました。
c0145717_11411982.jpg
ホクホク。スパイスとお野菜のトマトベースのソースは、カシューナッツが入って美味。
c0145717_11425240.jpg
お次は、チキン。タンドール窯で焼かれたお肉は、ヨーグルトと沢山のスパイスに
漬け込まれ、ジューシーで柔らかい。
お肉の下には、カレー風味のお野菜を炒めた、サブジ。
c0145717_11462272.jpg
腹ペコが「カレー!早く!ナンはまだか!」とささやく中、メインが登場。
チキンのほうれん草カレー、エビのトマトカレー、ビーフカレーの3種と
サラダとサブジがついて、盛り沢山。ナンはあつあつ、バターたっぷり。
モチモチ&おこげはサクサク。食べきれるかしら?
c0145717_11491616.jpg
はい、しっかり食べ足りず、ほうれん草のナンをお替わり。
ナンは他に、チーズ、チーズ&ポテト、トマト、ガーリックがあるそう。
c0145717_1151655.jpg
デザートは撮り忘れ。マサラティーでホカホカ、お口直し。
c0145717_11542318.jpg
晴れた日には、テラス席も気持ち良さそう。

c0145717_11513628.jpg
お腹いっぱいの帰り際、タンドール窯のお部屋を見学。
c0145717_11523135.jpg
上下どちらなのだろうと、ずっと不思議に思っていましたが、こんなお姿のようです。
c0145717_11532259.jpg
ほんの数秒で出来上がり。焼きたて!
c0145717_1154434.jpg
どれもマイルドなお味でしたが、次回は「辛いのお願い!」と挑戦してみても良いかも?


c0145717_11554354.jpg
帰り道、茅ヶ崎を少しパトロール。真っ白なステキなお店。女の子の特権。
c0145717_11562459.jpg
大好きなシェルのお皿を沢山発見。
c0145717_11564742.jpg
これはキケン。シェルの小物達。妄想の旅、炸裂。
青い海でたっぷり光合成して、真っ白なサンドレスが着たい。

c0145717_12023.jpg
いつも、安全運転ありがとう。


c0145717_11582983.jpg
翌日は、お家カレーを仕込んで。
横着者は、市販のカレールーと、残り野菜で冷蔵庫の整理です。
ガラムマサラやクミン、チャツネを足して、ごまかして。






c0145717_1275730.jpg
この距離感は、何ですか?
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-22 12:10 | Gourmet
玄人
c0145717_10211341.jpg

妊婦に間違われれる、ずっと前。
腐れ縁の友人達との食事会の前に、渋谷へ寄り道した時のこと。

駅前のスクランブル交差点へ向かう途中では
怪しい男の子達が、女の子を品定めしていた。
見慣れた光景、キャッチというやつでしょうか。
今どき引っかかる子なんているのかなと、思いながら歩いていると
どこからか、声が聞こえたような気がした。

信号待ちの時、今度はすぐお隣りから声が聞こえた。
「お疲れっす。」
自分ではないだろうと思いながらも、チラリと横を見ると
若い男の子がこちらを見て、挨拶をするように軽くあごを前に出し
笑顔で「寒いっすね。」と言った。
何がどういうことなのか分からず、でもその男の子の感じは悪くもなく
とりあえず口元だけで笑顔をし、そのまま歩き出した時、やっと分かった。

金曜の夕方。
まさか、今から出勤だと思われたのか?私。

ファーを着ていた。でも、デニムに合わせていたのに。
その類の子達とは、明らかにファッションが違うのに。
いつもより、しっかり目のメイクだった。
でも、その類の子達とは、メイクもヘアスタイルも違うのに。
それ以前に、年齢が全く対象外なはず。

今頃にして、この歳にして、素人ではなく見られたことがおかしくて
ひとり吹き出しながら歩き、待ち合わせのお店に到着早々
「キャッチに挨拶された!」と報告すると
腐れ縁達は「そんなの着て渋谷へ行くからよ。」と呆れていた。


もっと笑ってくれるかと思ったのに、それ以上話は膨らまず
皆様は、さっさとコラーゲン鍋を注文していた。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-19 10:29 | Talk
子供大人男達

こちらへ越したばかりの頃、大勢の人が降り終点へと向かう静かな電車の車内から
いつも線路脇に見えるお店が、気になっていた。

c0145717_13381051.jpg
どう見ても常連さんばかり。酒飲みの溜まり場。ローカルオンリー。
商売目的というより、大人になり切れない大人が集まる場所。そんな感じ。


酔っ払いのお方から、お呼び出しのお電話。

ワルなオヤジ達とバッタリ会い、そのまま飲みに繰り出し
もう一軒移動するので、顔を出すようにとのこと。
午後8時、良い子はご飯を食べ終える頃、すでに皆さま相当出来上がって
いらっしゃるようでして。まだ8時ですよ。

c0145717_1339065.jpg
河村正美プロにお出迎えしていただいた。
ダメな酔いどれの到着に、申し訳ございません。
c0145717_13392892.jpg
そしてポーズチェンジ。マミさん、お顔が赤いです。
2人のご子息のお父様とは思えません。

恐縮しつつ中へ潜入すると、もうおひとり、酔っ払いの大先輩が。
こちらもお顔が真っ赤で、若干、何をお話しか、若干分かりません。

c0145717_13395750.jpg
ご機嫌の大人の男3名と、キンキンに冷えたグラスで乾杯。
若干1名、撃沈スレスレ。まだ8時だけれど。

「20年、30年前は、サーフィンして面倒臭くなると、仕事なんてサボって
ばかりいたのに、今はなぜか仕事がサボれない」とボヤく大先輩方。
会話の中に出てくるのは、ろくでなし、おバカ、アホ。そんな言葉ばかり。

常連様方が次々に到着されますが、皆すでに酔っ払い。
お席に座るのもままならないお方。「それだけは息子に言わないでくれぇ~」と
何やら必死だけれど、お口がしっかりしないお方。
一番若輩者は私。皆様、初めまして。新参者が失礼いたします。


ワルなアニキのお二人様、ありがとうございました。
撃沈スレスレを持ち帰り、先に失礼し、申し訳ございません。


最終的にまとまった話は、「ガスマスクパーティをしよう」。
仮面パーティではなく、ガスマスク着用とのことです。




c0145717_13502513.jpg
ガスマスクしていたら、誰が誰なのか
何を言っているのかでさえ
さっぱり分からないと思いますが...
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-18 13:58 | Night life
Image trip
c0145717_951683.jpg
日々暖かくなり、日が長くなり、ビーチから富士山が見えなくなり
日中は上着無しでお散歩出来る季節になってきた。
ガレージのあじさいも、緑の芽が出始め、春の匂いが。

もう少し我慢すれば、シープスキンブーツとお別れし、お天気の良い日には
ビーチサンダルが登場するようになる。
ビーチでビールも、あともう少し。

もう、寒いのは嫌なのです。もう、勘弁してください。
ただでさえマイナス思考の人間には、冬は本当にキツいのですから。

c0145717_9531385.jpg
メヒコメヒコ、メヒコへ行きたい。
c0145717_9542627.jpg
色の少ない家に住んでいると、こんなパステルカラーのお家にも憧れる。
日本では、なかなか難しいお色だけれど。
以前狂ったピンク色の壁だった玄関も、色のトーンを変えればアリだったのか?
c0145717_9543822.jpg
1日中水着で、ただぼんやりと青い海を眺め、ビールを片手に光合成したい。

MEXICO、BRAZIL...
ずっと行ってみたくて仕方の無い、2つの国。
でも、保護者様は、絶対2人では行きたくないとおっしゃる。
酔っ払って踊って、フラフラ消えてしまうなんてこと、いたしませんから。
でも、ステキな音楽が聞こえてきたら、イスから立ち上がっちゃうかも。


c0145717_9553052.jpg
お日様も射してきたので、音楽で気分だけもブラジルで。
そろそろ、パーティの季節です。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-03-18 10:02 | Talk