貴婦人会片瀬支部
by fusprout
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
Beach life
Gri-Gri
Day by day
Work
Talk
Gourmet
Night life
Mono
Travel
未分類
外部リンク
以前の記事
2015年 08月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル


カテゴリ:Gourmet( 154 )
八竹亭
c0145717_19334668.jpg

  携帯のデータを整理していたら、去年の夏の始めに撮った1枚が。
  
  いつ以来だろう、10年振りぐらいか。久しぶりのおじさんの元気なお顔。
  懐かしすぎてお店に入った途端、「ああ...」と思わず声を漏らしてしまった。
  
  渋谷八竹亭のおじさんが、松濤からすぐの隠れたおかしな場所でトンカツを
  やっていると聞き、いそいそと出掛けた。
  ビルの数階にある喫茶店へ入り、無言で向こうを指さし、その奥のパン屋
  さんを通り越し、ドアを開けるとおじさんがいた。
  「はいどうも、いらっしゃい」
  お年のせいか少し細くなったけれど、あの頃のまま。

  松濤にあったカウンターだけのお店は、美しい定食のみ。
  鮭のバター焼きは脂ののった立派で贅沢な切り身を使い、エビフライの
  特大エビは衣に邪魔されず、ポークソテーはシンプルで、お味噌汁は
  お豆腐、ほうれん草としめじ。いつも。
  大勢で行くのはいけない気がして、いつも二人で食べに行った。
  怖いわけではないけれど、お客さんが皆自然と遠慮がちに小声で話すお店。
  壁には、”アルコール類は制限させていただきます。”の文字。

  そう言ったのに、お店の何となくのルールも伝えたのに、あの頃私に聞いて
  映画の帰りに早速一人で八竹へ行ったという母は、
  「ごめんなさいね、ビールいいかしら?」
  と昼間っから遠慮せずお願いしたところ、
  「1本だけですよ」と念押しされたそう。 
   
  お隣りのカツカレーを横目で見ると、見覚えのある大皿が。
  趣味の良い焼き物のお皿は、定食の時に出されていた物だと思う。
  もし違っても、何となく八竹の雰囲気がする。

  おじさん、お元気そうで何よりです。
  と思っていたら、いつの間にか事情があり店じまいしたそう。
  おじさんでなければお店の意味が無いという、おじさんを再び料理の道へと
  誘った今のお店のオーナーの気持ちが、ちょっと通っていただけの私だけれど
  ほんの少しだけ分かるような気がする。
  
    
[PR]
by gri-and-sprout | 2012-04-25 20:14 | Gourmet
鮟鱇夫人
c0145717_7345994.jpg

  常連様からのお誘いで、栄太郎鮨 にてあんこう鍋に酔いしれる会。
  
  遅れて到着すると、奥のお座敷が異様に静かで、一体何事かと思ったら
  男女10名、無言で毛ガニに食らいつき、こちらの事など眼中無し。
  そんな姿を、私はただじっと見ることしか出来ない。毛ガニなのに。

  カニは上品に食べている場合ではないとか、足の先は吸って食べろだとか
  甲羅の味噌に日本酒入れた方が良いとか、横からうるさくヤジを飛ばし
  お隣りに座る女の子の手元と口元を犬のようにじっと見つめる。

  お通しは贅沢にも白子。毛ガニの次は、ふっくら子持ちししゃも。
  そしてアンコウ鍋が登場し、遠慮無くプルプルコラーゲンをいただき
  骨をしゃぶる。
  さらにアンコウ投入。皆はお鍋に潜む出汁を吸いまくったうどんに夢中
  だけれど、私はこの後お寿司も控えていると聞き、冷静にペース配分
  すると偉そうにアピール。
  お寿司も豪華、ここも冷静に赤身と光り物をまず押さえ、お好きな人が
  限られているであろう赤貝のひも、そして数の子を難なくゲット。
  とても立派な数の子の握りを2貫とも頂く。

  シメは待ってましたのお雑炊。あっという間に空になった大きな土鍋の
  底に付くおこげを黙って見ていられず、ガリガリと削り取り、最後まで
  堪能させていただき、至福の時間を過ごす。

  日本酒、焼酎、赤&白ワイン...ビール以外のお酒は全て持込みOKという
  絶対に この方 とご一緒させて頂かなければ実現しない、大人の夜。

  「貴婦人会」改め、鮟鱇夫人と命名されました。メンバーの皆、ごめん。
  
[PR]
by gri-and-sprout | 2012-02-14 09:11 | Gourmet
MAKANAI
c0145717_10351881.jpg

  まだげっそりしていた頃、腰越 Loasi でいただいた、まかないパスタ。
  「まかない食べますか?」と声をかけていただき、泣きそうに。
  ちょっとだけ泣いたかも。

  夏野菜たっぷり、温かいお気持ちたっぷり、あの日は久しぶりに
  お腹いっぱい食べて、犬とお昼寝もして、とても満たされたのでした。
  ロアジファンの皆様、いいだろー。
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-12-27 10:39 | Gourmet
肉食
c0145717_1828656.jpg

  終点の竜宮城から数駅、未開拓エリアへ。

  常連様に連れて行っていただき、モツ焼き屋さんに。
  ハツ、カシラ、コブクロ、...ハツはお刺身用を使用しているそうで
  どれも新鮮、びっくりする程お安い。
  焼き過ぎ!と怒られあたふたしながらも、レバ刺しの文字に興奮。
  常連様は生モノは召し上がらないとのこと、1人でひと皿余裕で平らげる。
  
c0145717_18281860.jpg

  小さな窓の開閉で炭火を調節するのだそう。
  1番乗りだったのに、気が付いたらお店を出たのは私達が最後。
  おかみさんにやたら褒められ、危うく調子に乗ってレバ刺しおかわり!
  と言いそうになったものの、満腹は大人しく撤収。

  こちら、週末はきっちりお休み、8月もひと月夏休みのマイペースっぷり。
  学生の街だと思っていたら、他にも魅力的なお店がいっぱいで
  これはまたリベンジせねば!ありがとうございました。
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-06-30 07:57 | Gourmet
稲荷寿司
c0145717_1054955.jpg

  おいなりさんと言えば、六本木の おつな寿司

  「〇〇個でも〇〇個でもきれいに収まりますか?」
  「... 何個でも詰めます。」
  お江戸時代、張り詰めた打合せの合間や、徹夜が続いたプレゼン前のお夜食、
  差し入れに登場したのは、おいなりさん。
  「そろそろ、おつなか。」と、私の出前&差し入れリストから電話を掛ける。
  毎度クールな受話器の向こうのお姉さん(おばさん)には参ってしまうけれど
  (話し終わる前に切られちゃうことも)、6個でも、55個でも、100個でも
  お願いした数を綺麗に箱に詰めてくれる。

c0145717_1061997.jpg

  いそいそと持ち帰ったらちょっと片寄っちゃったけれど、お揚げが裏返しの
  この姿、やっぱりほっこりする。

  「おいなりさん、つまみませんか?」で、何となく場が和やかになるのは
  きっと、ほんのり香るゆずのアロマ効果よね。
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-06-13 10:15 | Gourmet
GW満腹Breakfast
c0145717_16253142.jpg

  最近のブームは、お休みの朝の海上がりにお隣り駅のお肉屋さんで
  ゲットして来て下さる、揚げたてのハムカツ。
  この日はまだ揚がっていなかったらしく、まさかの贅沢メンチカツに
  まだ温かい袋を受け取りニヤニヤ。

c0145717_1625462.jpg

  私はその間に地元産のキャベツを千切りしてスタンバイ。
  揚げたてをトーストに挟み、トンカツソースをしっかり目につけて
  口を限界まで開けて頬張る。
  朝からこのボリューム、揚げ物バンザイ!

c0145717_9492294.jpg

  私のゴールデンウィークは来週のため、今は週末に開催する新しい
  ワークショップの準備中。
  今月は2つのチャリティーワークショップを予定しています。
  ぜひご参加下さい。
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-05-04 09:12 | Gourmet
腰越 Loasi
c0145717_2215120.jpg

  初めてお邪魔した時からもう5年は経っているのに、今頃になって知った
  ロアジ に飾ってある江ノ島の絵。

  「わー江ノ島、しかも島の中へ入る構図だなんて嬉しくなっちゃう!」
  お酒の効果もあり随分とはしゃいだ私に、オーナーシェフの秋月さんは
  「今頃気が付いたんですか!?」と呆れ顔。
  はいそうです。お店に入ったらその日の黒板に釘付けで、黒板のメニューを
  見ながら1杯イケるくらい黒板に夢中なので、全く気が付きませんでした。
  
  ロアジに出会ってからお江戸のイタリアンには興味が無くなり、友人との
  会合は、「出来ればイタリアン以外で」とお願いします。
  食いしん坊のお江戸の友人も「都内ではピッツァがメインのイタリアンしか
  もう行く気にならない。」と、ロアジへ来ることを楽しみにしてくれています。

  食べることが大好きで、この空間を楽しんで下さる人にぜひ教えたいお店。
  男女問わず気に入ってもらえたら嬉しい、大好きなお店。
  でも、私は、女性と、または1人でしか行きません。

  「どこへ食べに行ったの?」
  「腰越。」
  これが我が家の会話。家主とは行きません(場所は知っています)。
 
  ある日の黒板は、アンコウのフリット(骨までしゃぶって!)、季節野菜の
  モッツァレラマリネ(甘ーい例のイチゴがもう!)、短角牛のカルネクルーダ
  (生肉万歳!)仔ウサギのストウブ焼き(キャベツにも悶絶!)...
  きゃー助けてー

  そして今、ある事が実現するのを心から祈っています。お願いします!
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-03-06 22:48 | Gourmet
Today's lunch
c0145717_1511932.jpg

  ある日の昼食。
  鶏手羽元、百合根と根菜のトマト煮、かぶのビネガー和え、押し麦入りご飯で
  冷蔵庫の整理。

  
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-02-10 15:19 | Gourmet
御雑煮月間
c0145717_140217.jpg

  お正月のお雑煮から始まる、私のお雑煮モード。
  お江戸の母上が冬の出勤前の私によくお雑煮を作ってくれたのを
  いつからか私も真似するように。
 
c0145717_146399.jpg

  寒くなる1月&2月の朝食には、体を温めてくれてぴったりなので
  冷蔵庫の野菜を色々入れてお鍋いっぱいに作り、週に何度もお雑煮に。
  鶏肉入りの時もあれば無い時も。
  無い時はお出汁を濃いめにし、もみ海苔を散らすと良い香り。
    
  お雑煮を食べると頭も朝から良く動く気がする。
  心も温まり頑張ろうという気持ちになる。

  消化が良くすぐにエネルギーになり、体はぽかぽかでしばらくは暖房
  オフでもOKなので、エコにもなるかしら?


冬を乗り切る、私の元気の素&健康法!
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-01-28 14:24 | Gourmet
新大久保Night
c0145717_14355175.jpg

  韓国帰りの友人と、新大久保デビューで新年会。
  ハナキンの金曜日の夜、初めてコリアンタウンへ降り立つ。
  1軒目は韓サランでサムギョプサル。
  お店のお兄さんがお肉とキムチを並べ、焼き具合を見ながら裏返しカットも
  してくれる。私達は紙のエプロン姿で「待て」状態。
  お肉と焼いたキムチを野菜に包んでパクッ!えごまの葉大好き!

c0145717_14411935.jpg

  テーブルに置かれたマシーンはてっきり盛り上げ用の?おもちゃかと思ったら
  これでお兄さんを呼び出すのだそう。
  用件によりボタンが違うらしいので、間違えないよう確認してから押す。
  二人とも予想外に満腹で、二人して若干動揺気味...

c0145717_14432486.jpg

  でも1軒で終るはずがなく、2件目の梁の家では海鮮チヂミ。
  ネギネギネギ&タコで粉っぽくないタイプは私好み。
  ここでもマッコリが進む。

c0145717_1452504.jpg

  そしてこちらのお店でも呼び出しマシーン。
  まさかの2品でギブアップとは、一体どうしたことか??
  スーパーが閉まってしまう!と慌てて飛び出し、この後は韓国食材屋さんで
  サムゲタンやえごまの葉のキムチ、カクテキ、お菓子を調達。
 
  それにしても金曜日のJR沿線って凄いのね。
  新宿駅でキョロキョロしていたらエルボーを食らうわ、人混みで身動き出来ず
  両サイドからの強烈な押しに、クルクルとその場で回ってしまうわ。
  そんな自分に吹き出したけれど、ラッシュ時に笑う人など誰もいません。
  
[PR]
by gri-and-sprout | 2011-01-24 15:15 | Gourmet