貴婦人会片瀬支部
by fusprout
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
Beach life
Gri-Gri
Day by day
Work
Talk
Gourmet
Night life
Mono
Travel
未分類
外部リンク
以前の記事
2015年 08月
2014年 11月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル


伊太利三昧
宮崎サーフトリップ前の1週間に、三度のイタリアン。
ビキニ前の1週間に、メタボ週間。

その1
1週間前の週末、久しぶりに2人でお隣り駅の OsteriaBarca へ。
待ちきれないもう1名と、まだ明るいうちの開店前に到着。
迷惑な客でスミマセン。
c0145717_17372196.jpg
すでに酔っ払いのもう一名は、やる気マンマンで赤ワイン。ワタクシはまずはビール。
黒板メニューでおすすめの、カルパッチョ(お魚は忘れました)。
カルパッチョ2種のうち、たまねぎ&ハーブたっぷり、にんにくの効いた1品。
c0145717_17472410.jpg
赤ワインに合わせ、たまには脂ブリブリな豚バラを。パルミジャーノと一緒に。
c0145717_1755642.jpg
パスタは、前回 のアーリオオーリオを気に入ったそうで。この夜は、エビとニラ。
大盛りは「またメインまでいけませんよ~」とのアドバイス通り、断念。
c0145717_1802734.jpg
メインもいきたいけれど、珍しくリゾットもいきたいとの要望で、牛すじとホホ肉の
赤ワイン煮込みの焼きリゾット。おこげがたまりません。
この夜1番のヒット。こちらは、青山1丁目時代からのメニューだそう。

この夜は酔っ払いのもう1名がやけにやる気マンマンで、いつもはこちらまかせの
お料理にまで、ああでもないこうでもないと調子に乗り、ワインのお替りまで
いきそうになり、慌ててオーダーをキャンセルする始末。

まったりの赤に、お肉とおこげのリゾット、幸せな瞬間。
グラスの向こうには、もうすぐシャックリが出そうな、ニヤニヤした酔っ払い。


その2
腐れ縁達との食事は、表参道 a presto で。
この時の写真は、宮崎行きの前夜に壊れてしまった携帯の中...

その3
その翌日、宮崎行きの前日は、鵠沼海岸がご実家のお友達の里帰りに
合わせ、腰越 loasi でランチ。
c0145717_198625.jpg
まずは、シャルドネのスパークリングで再会に乾杯。
いつもの、前菜盛合わせ。たまねぎ(だっけ?honey様!)のマリネはお初。
たこのカルパッチョには、からすみが。この日も、ニヤニヤしながらいただく。
c0145717_19101833.jpg
5日もするとすっかり忘れています。パスタはワタクシは魚を。ケパーでさっぱり。
c0145717_19112585.jpg
メインは、前夜がお魚だったため、黒豚(だっけ?)のピカタ。
予想をはるかに上回るボリュームに、お魚(イサキだっけ?)を選んだお友達にも
ヘルプを要請。
c0145717_19151149.jpg
「ジャムを連想させる香り」との赤で。でも、ジャムかどうかは難しすぎて分からず。
c0145717_1916631.jpg
沢山の種類から選べるドルチェに、優柔不断になる私達を見かね
オーナーシェフが盛合わせにしてくださった。
前回の、レモンチェロがけリコッタチーズのタルトも。

この日も、おしゃべりに夢中の私達にチーズのサービス。
パルミジャーノに近い種類の赤ワイン漬けと、ハーブの香りのもう1種は忘れました。

ご近所友達とは別で知り合った、お江戸在住のご近所友達。
次回は、たまにはお江戸で集合しましょうか。

ロアジはいつ行っても、いつも嬉しい発見のある、素敵なお店。
ちなみに本日、母上と行こうと電話をしたら、「シャッターが開かないんです!」
と、必死なスタッフの方の声が。
キッチンからでも構わないから入れて下さいとは、さすがに言えない雰囲気で、断念。
シャッター、直ったのでしょうか。




c0145717_1816051.jpg
若干、バテ気味。
[PR]
by gri-and-sprout | 2008-07-23 18:23 | Gourmet
<< 宮崎 新島 >>